引っ越し業者人気一括比較調査班 単身引越しのコツ 一人暮らしを始めるに当たっての基礎知識

単身引越しのコツ 一人暮らしを始めるに当たっての基礎知識

 

引っ越し業者人気一括比較調査班 単身引越しのコツ 一人暮らしを始めるに当たっての基礎知識

単身引越しをいざしようと思っていても、

 

何からはじめていいかわからないと思います。

 

当サイトでは、一人暮らしを始めるための基礎知識

 

をご紹介していきます。

神奈川県川崎市元住吉から東京都品川区目黒に引っ越します

 

 

これから引越し見積もりを実体験して、

 

どこの業者がよかったか、

 

いくらかかったかを書いていきたいとおもいます。

 

以前の引越しでは値段を重視してしまった結果、非常に残念な業者を選んで結局2度手間になってしまったので、

 

今回は慎重に行きたいところですね。

 

 

引越し前 神奈川県川崎市元住吉駅付近

 

 

引越し先 東京都品川区目黒駅付近

 

 

以前は引越し見積もりをした結果、

 

なにわ引越しセンターにしてしまいましたが、まず繁忙期ということもあり、

 

・時間通りにこない

 

・2トントラックだったが、全ての荷物が入らず、自分で軽トラかりて船橋から元住吉まで荷物を運ぶ

 

 

というようなこともしました。

 

今回はそのようなことが無いよう、慎重に引越し業者を選びたいと思います。

 

 

引越し侍でまず見積もり

 

・見積もりまで2分ほどで終了

 

→ 現住所と引越し先住所を入力するくらい

 

人力引越し社から電話がきて、一通り説明、 見積価格 18360円 ずいぶん安いという印象。

一人暮らし引越しの際にまずやるべきこと

 

一人暮らし引越しの際にまずやるべきこととは何でしょうか?

 

 

現在の家の管理会社に退去の意思を伝える。

 

管理会社によりますが、退去日の30日から40日前に申請する必要があります。

 

直前になってしまうと、超過分の家賃が発生する可能性がありますので、注意してください。

 

私はラトナーという会社が管理会社でしたが、40日前に言わないと超過家賃が発生することになっていました。

 

 

インターネットで物件を探していましたが、問い合わせてみると、WEB上には掲載されていない物件もあるので、一回事務所に来てほしいといわれました。

 

実際、自分の希望する条件 

 

バストイレ別 

 

家賃

 

立地

 

日当たりなど

 

を鑑みて物件紹介してくれるので、直接事務所に行ったほうが早いです。

 

引越し見積もり一括査定に依頼して、荷物を新住居に運ぶ

 

単身なら荷物少ないかもしれませんが、引越しは安く済ませたいですよね。

 

ただでさえ、新生活にはお金がかかりますから、なるべく経費節減したいものです。

 

そのためには、引越しの一括見積もりで、荷物の査定をしてもらってください。

 

最も安い引越し業者に荷物の移動をお願いしましょう。

 

単身の引越しで安いのは以下の業者のようです。

 

1位 アリさんマークの引越し社

 

2位 アーク引越しセンター

 

3位 サカイ引越センター

 

なんと、引越し一括見積もりの体験談をみていると、15,0000円→50,000円に!!

 

10万円も安くなるなら、一括見積もりをやらない理由はありませんね。

 

 

↓引越し侍

 

引越し侍詳細

 

今回、千葉⇒神奈川の引越しで、

 

アリさんマークの引越社
アップル引越センター
ファミリー引越センター
ハート引越センター

 

この4社に見積もり査定依頼がなされました。

 

安いと言われている、アーク、サカイが入っていないので、別の一括見積もり査定をやってみようと思います。

 

SBI引越し 引越し達人セレクト

 

 

続いて引越し見積もり依頼したのが、SBI引越し 引越し達人セレクト。

 

以下の業者に見積もりが依頼されました。

 

アリさんと、ハートはかぶってますが、この際気にせずどんどん行こうと思います。

 

協同組合日本引越センター千葉
アート引越センター
アリさんマークの引越社 
ダック引越センター
ハート引越センター
リズム引越サービス
リサイクルBOY引越センター
アクティブ感動引越センター千葉支社
SOCIO引越センター

 

協同組合日本引越センター千葉

 

メールで連絡 ⇒ 80000円から

 

アート引越しセンター

 

メールで連絡後電話 112500円

 

しかも3月30日搬出後、3日空いて4月3日搬入。

 

その間どうやって寝泊りすれば・・・。

 

 

 

ダック引越しセンター

 

メールで連絡 ⇒ 
 ★ 概算見積もり結果 ★
   時間・・・・・ フリー(8:00〜20:00)スタート便
   引越日・・・・ 3/30
   車輌・・・・・ 2t車
   作業員・・・・ 2名
   金額・・・・・ 78750円 より
   ※2tロング車・・・・プラス10,500円

 

SOCIO引越センター

 

電話で連絡 ⇒ メール送りますとの事。

 

アクティブ感動引越センター千葉支社

 

メールで連絡 ⇒ 

 

 

基本、作業料金 50000円
移動料金 9000円
消費税込みで

 

61950円!!

 

 

続いてズバット

 

 

・ハート引越センター
・人力引越社
・LIVE引越サービス
・SOCIO引越センター
・興進引越センター
・カマトラ引越センター
・アート引越センター
・中央引越センター

 

・興進引越センターから早速電話が来たので、見積もり依頼。

 

なんと5,6万程度でいけるとの事。
どうでしょうか。

 

⇒ 電話が来て、3月28日木曜日9:00開始で82000円

 

6万円は盛りすぎでしたね・・・。

 

・人力引越社

 

90200円。メールが来たあと、ご丁寧に電話が来ました。興進引越センターさんが8万2千円だと告げると、今決めてくれれば8万円にすると・・・。

 

どんどん下がりますね。楽しくなってきました。

 

・LIVE引越サービス

 

フリープラン引越料金 ¥50,200〜

 

いろいろやり取りしていたら、結局

 

 

57500円

 

これが最安値になりそうです。

 

さて、どうなることでしょう。

 

 

・カマトラ引越センター

 

6万4千円 フリープラン

 

時間指定すると +1万円

 

 

 

しかし、3月は本当に引越しがおおいようで、高いみたいですね。

 

それと、引越し価格が安いほうがいいと言うことを伝えると100%インターネット回線の提案をしてきます。

 

ネット回線つなぐと半額くらいになるんだとか。

 

私はEモバイル使っているので、興味ないですが、引越し値段を安くしたい人にはいいかもしれません。

 

ところで、ズバットがうまいのはハウスクリーニングの見積もりも提案してきたこと。
なかなかやりますな。

 

思わず申し込みそうになりましたが、情報収集してからにします。

 

 

続いて 比較どっとコムです。

 

 

カマタ・トランスポート
リズム引越しサービス
SOCIO引越センター
サカイ引越センター
アート引越センター
アリさんマークの引越社
なにわ引越センター

 

 

引越のカマタ・トランスポート

 

メールで連絡⇒ しっかり引越し見積書が届いているので安心でした。 76650円

 

サカイ引越センター

 

メールで連絡⇒ 値段が明示されておらず、電話してくださいとのこと。

 

 

なにわ引越しセンター

 

メールで連絡 ⇒ 軽トラック1トン+作業員1名 24728円

 

来ました、最安値。

 

電話で確認したところ、家電製品が一切記入されていなかったので1トントラックでは無理と言うことになり、2トンで再度見積もり。

 

結果48000円

 

なにわさんに決めてしまいました。

 

時間指定すると、+1万円とのことで、悩みどころでしたが、直前に決めてくれればいいとの事だったので、保留。

 

初めの13万から比べて、

 

なんと8万円も安く引越し料金を抑えることができました!

 

しっかり見積もりとってみるものですね。

 

なかには、うちはそんな値段ではできません、今回は結構です!と一方的に電話を切られるケースもあって、

 

本当に業者によって対応はまちまちだなと思った次第です。

 

 

日程、距離、荷物の量で値段が変わる。

 

荷物を引き払い、管理会社提携清掃業者にルームクリーニング代査定

 

上記のラトナーでは、退去時のルームクリーニングも契約の際に敷金から償却という文言で契約書に記されていました。

 

敷金から償却とは、例えば入居時に敷金1か月分の家賃を払っていたとしたら、そのお金で部屋をクリーニングしますよ、という契約です。

 

※自分が別業者に頼んで、クリーニングして、敷金は返してもらえないのか?と確認したら、契約書に敷金から償却だの一点張りで、取り合ってもらえませんでした。

 

今の家賃は5万なので、クリーニングはおそらく3万ほどですむはずなので、2万円は戻ってくるだろうと踏んでいましたが、

 

こればかりは入居時に契約書を確認しないとだめ、ということでした。

 

以前引っ越した時は、原状回復費として17万円ほど取られた経験があります。

 

この場合、壁に穴を開けたなど、自分の過失があった場合発生するようです。

 

もっと徹底的に抵抗すればよかったと今反省しています。

 

確かに引き戸に穴が開いてしまっていたのですが、自分で他の業者に依頼して直せば、数万で済んだはず。

 

ひどい目にあいました・・・。

 

 

引越し侍で希望の引越し価格が出なければ、数多くの引越し見積もり使ってみてくださいね。

引っ越し体験談その2

 

目黒から渋谷に引っ越すことにしました。

 

→ 一年住んだ目黒でしたが、家賃が高かったのと職場が近いほうがいいということで、目黒から渋谷に引っ越すことに

 

早速引っ越しサムライに申し込みました。

 

→ 10社から連絡。

 

アリさんマークの引越社
  ┗ 0120-00-2626 (7:00〜20:50)
 フクフク引越センター
  ┗ 0120-62-2929 (9:00〜19:00)
 ケーエー引越センター
  ┗ 0120-91-5846 (9:00〜21:00)
 ZERO⇒1引越センター
  ┗ 東日本:0120-43-5501
西日本:0120-13-5501 (9:00〜20:00)
 KIZUNA引越センター
  ┗ 042-405-7927
 隆星引越センター
  ┗ 0120-85-2844
 アート引越センター
  ┗ 0120-0123-33 (8:00〜20:00)
 ワクワク引越サービス

  ┗ 047-316-1949 (8:00〜21:00)
 ラク越(中央引越センター)
  ┗ 0120-07-2020 (9:00〜22:00)
 リクラッソ引越サービス
  ┗ 0120-75-0770 (9:00〜20:00)

 

 

たいていフリーダイヤルなので、どれがどれだかわからなくなります。

 

全て電話に出て、メールでお願いします!

 

と伝えました。

 

それぞれ大きく見積もり金額が違うので、

 

口コミと照合して、最終的な1社に決めることとに。

 

まずはメールでの見積もり額を記載していきます。

 

 

アリさんマークの引越社

 

 

フクフク引越センター

 

 

ケーエー引越センター  29,000円

 

 

ZERO⇒1引越センター

 

 

KIZUNA引越センター

 

 

隆星引越センター

 

 

アート引越センター

 

 

ワクワク引越サービス  24,800〜

 

 

ラク越(中央引越センター)

 

 

リクラッソ引越サービス