ピアノ移動の仕方

ピアノ移動の仕方 引っ越しの際にピアノを移動するの大変ですよね

 

習い事として一般的なピアノですが、やはり自宅練習もしなくてはならないので購入している家庭も多いでしょう。

 

今は使っていなくても昔使っていて、そのまま家にあるというケースもあります。

 

普段はそれほど気にしていない存在でも、引っ越しの時には非常に苦労することになります。

 

普通の家具と同様に移動してもらうということが出来ないケースが多いのです。楽器という事で特別な配慮が必要であるという事で、通常の引っ越し荷物とは別に、専門業者への依頼が必要なケースがあります。

 

引っ越しのスケジュールがタイトな場合、専門業者への依頼が間に合わないことがあります。

 

退去の期限が迫っている場合などは引っ越し本体の契約よりも先にピアノについての移動を手配しておくのもよいでしょう。

 

ある程度余裕を持って運び入れられるようにしておくのがおすすめです。

 

意外と考えにくいのが、新居のどこからピアノを搬入するかという事です。

 

他の家具は何とか分解してみたりという形で入れることが出来ても、ピアノに関してはそれが難しいです。

 

ドアなどから入れにくいものもあるため、大きく開く窓から入れるケースもあります。手順をその場で考えようとすると難しいので、事前にきちんと搬入の仕方を業者と確認をしておきましょう。

 

大きすぎて玄関から入れにくい場合は庭の方から回るという事もあります。その通り道に花壇やアーチなどが出来てしまっていると邪魔になることがあります。

 

新居に移ってすぐにお庭を整えたいと思う方も多いでしょうが、ピアノの搬入がまだの場合はちょっと待っておいたほうが良いかもしれません。

 

すべて運び終わってからお庭を整えましょう。

 

また、運び入れる部屋の中に邪魔になる家具や荷物があると運びにくくなります。

 

その場で片付けるのは大変ですから、運び入れる際にはきれいに片づけておきましょう。こうした点に気を付けていくことで、ピアノも一緒にスムーズな引っ越しができるようになるはずです。