水槽移動の仕方 引っ越しの際に水槽を移動するの大変ですよね

水槽移動の仕方 引っ越しの際に水槽を移動するの大変ですよね

 

毎日の癒しの対象であったり、ライティングも含めて、部屋の雰囲気づくりの要となっている水槽をお引越しでは移動しなければなりません。

 

なにしろ、お魚たちの住処であり、その住み心地が良いように、小さな生態系として完成させてきた環境を壊さないで運びたいと思うのは、持ち主としては、当然のことです。

 

でも、そのためには、クリアしなければならないことがたくさんあって、とにかく大変の一言しか言えません。

 

ちいさな金魚鉢一つを移動させるとしても、もう、そのまま揺らさないようにして手持ちで運ぼうとしても、かなり大変です。

 

小さくても重量があるし、やはりお魚たちは、ぴっちりと蓋のできる容器(でも酸素不足にならないような環境にする)に移して、中身の水も少なくとも半分、できるだけおおく、そのまま汚染されないような容器で運びたいものです。

 

最悪、自家用車で移動させとして、引っ越しできる距離にも限界がありますね。あるいは、ご近所にもらってもらったほうが、お魚たちは幸せかも知れません。

 

そう考えていくと、水槽のお引越しのプロというか、業者さんがいらっしゃるので、お願いするのが一番かなという結論も頷けます。

 

なにしろ、生き物ですから、移動によるダメージもありますし、水温を適度に保たないと悲しい結果となってしまう場合さえ考えられます。

 

引っ越しするまえには、普段よりももっと、お魚さんたちの体調を元気に整えておくことも重要です。

 

そして、たとえ、プロにお願いするとしても、ほんとうは、引っ越し先に同じ水槽をすでに用意して、できるところまで環境を整え、しっかり準備してお魚だけ移すというような、水族館みたいなことができれば、より良いでしょう。

 

でも、やっぱりどうしても今ある水槽を移動するというなら、家具などのお引越しの前に、水槽移動日を別に取れたらベターです。

 

いえ、自分で引っ越し当日に対処しますという方は、本当に本当に大変だと思います。お魚にもショートステイがあって、受け入れが整うまでしばらく預かってくれるとか都合のいいことがあれば、だいぶ楽なんですけどね。